portmaster 3.11

インストールおよび使い方のメモ。

 インストール

  1. portsから。

    オプションは次のように指定した。

使い方

  • 更新されたportsの一覧を表示する。

  • 更新されたportsを確認なしにすべてインストールする。

    –no-confirmだけだと、最後にdistfileを削除して良いか聞かれてしまう。

マニュアル抜粋(オプションのみ)

共通オプション

--force-config
すべてのportsで ‘make config’ を実行します。 (-G を上書きします。)
-C ビルドの前に ‘make clean’ を実行しません。
-G ‘make config’ を実行しません。
-H ログファイルからビルドとインストールの詳細を隠します。
-K ビルド後に ‘make clean’ を実行しません。
-B インストール済みのportのバックアップを作成しません。
-b インストール済みのportのバックアップを作成して保存します。
-g 新しいportのパッケージを作成します。
-n すべてのステップを実行しますが、どのportにおいてもmakeやinstallは実行しません。
-t all-depends-listを使用し、依存関係を完全に追います。必要なときにのみ使用し、決して常用しないことをお勧めします。–clean-distfilesオプションとともに使用した場合、最新のportのいずれかで使用されているdistfileは削除せずに残してしまいます。
-v 詳細な情報を表示します。
-w deinstallの前に古い共有ライブラリをセーブします。
[-R] -f
 常にportsを再構築します。(-i を上書きします。)
-i 対話型アップデートモード — portsを再構築するか訊ねます。
-D distfileを削除しません。
-d distfileを必ず削除します。
-m makeの引数。make(1)に引数を渡します。
-x ここで指定するパターンにマッチするportsのビルドやアップデートをしません。複数指定可能です。If a port is not already installed the
         exclude pattern will be run against the directory name from
         /usr/ports.
--no-confirm
portsをインストールしたりアップデートする際に確認をしません。
--no-term-title
xtermのタイトルバーを書き替えません。
--no-index-fetch
INDEXファイルの取得を省略します。
--index
 INDEX-[7-9]のいずれかをportが最新かどうか確認するために使用します。
--index-first
状態確認にINDEXを使用しますが、portで二重に確認します。
--index-only
/usr/portsを使用しません。/usr/portsディレクトリが存在しない環境でportsをアップデートしたい場合には、-PP|–packages-onlyオプションが必要です。詳しくはENVIRONMENTの項を参照してください。
--delete-build-only
         delete ports that are build-only dependencies after a successful run,
         only if installed this run
--update-if-newer
         (only for multiple ports listed on the command line) do not
         rebuild/reinstall if the installed version is up to date
-P|--packages
 パッケージを使用しますが、パッケージがなければportをビルドします。
-PP|--packages-only
パッケージがなければ異常終了します。-PPオプションはコマンドライン上で単独で指定される必要があります。例えば-PPavのような指定はできません。
--packages-build
依存を含め、すべてにパッケージを利用します。
--packages-if-newer
インストールされているものよりパッケージのバージョンが新しければ、portツリー上で最新のバージョンでなくてもインストールします。
--always-fetch
ローカルにすでに存在しているかどうかにかかわらず、パッケージをダウンロードします。
--local-packagedir=
         where local packages can be found, will fall back to fetching if no
         local version exists.  This option should point to the full path of a
         directory structure created in the same way that ‘make package’ (or
         the portmaster -g option) creates it.  I.e., the package files are
         contained in /All, there are LATEST_LINK symlinks in the
         /Latest directory, and symlinks to the packages in /All
         in the category subdirectories, such as /devel,
         /ports-mgmt, etc.
--packages-local
–local-packagedirで指定された場所にあるパッケージのみインストールします。
--delete-packages
パッケージをインストールした後、削除します。

機能別オプション

-a すべてのportsをチェックし、必要に応じてアップデートします。
--show-work
依存するportが何か、またそのうちインストールされていないものはどれかを表示します。(-tオプションを含みます。)
-o replace the installed port with a port from a different origin
[-R] -r name/glob of port directory in /var/db/pkg
         rebuild the specified port, and all ports that depend on it.  The
         list of dependent ports is built according to origin (i.e.,
         category/portname) not by the version number of the installed port.
         So if you do portmaster -r fooport-1.23 and it is necessary to
         restart using -R but the newly installed port is now fooport-1.24 you
         can do portmaster -R -r fooport-1.24 and it should pick up where you
         left off.  The -r option can be specified more than once.
-R used with the -r or -f options to skip ports updated on a previous
         run.  When used with -r it will also prevent the rebuild of the par-
         ent port if it, and all of its dependencies are up to date.
-l カテゴリ別にインストール済みのportをすべて表示します。
-L カテゴリ別にインストール済みのportをすべて表示し、アップデートがあるかどうかチェックします。
--list-origins
         list directories from /usr/ports for root and leaf ports.  This list
         is suitable for feeding to portmaster either on another machine or
         for reinstalling all ports.  See EXAMPLES below.
[--force-config|-G] [-aftv] -F
         fetch distfiles only
-n answer no to all user prompts for the features below
     -y  answer yes to all user prompts for the features below
[-n|y] [-b] [-D|d] -e
name/glob of a single port directory in /var/db/pkg
         expunge a port using pkg_delete(1), and optionally remove all dist-
         files.  Calls -s after it is done expunging in case removing the port
         causes a dependency to no longer be necessary.
[-n|y] [-b] [-D|d] -s
         clean out stale ports that used to be depended on
[-t] [-n] --clean-distfiles
         recurse through the installed ports to get a list of distinfo files,
         then recurse through all files in /usr/ports/distfiles to make sure
         that they are still associated with an installed port.  If not, offer
         to delete the stale file.  With the -t option a distfile is consid-
         ered valid if it is in use by any port, not just those installed.
[-t]
-y –clean-distfiles does the same as above, but deletes all files
         without prompting.