Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /usr/local/www/admnote/wp-includes/post-template.php on line 284

WILLCOM PHSのアドレス帳をiPodにコピー

携帯(WILLCOMのPHS)に入っていたアドレス帳をiPod/iPhone/iPadにコピーする手順のメモ。長い道のりだった…。

手順概要

WILLCOMの京セラPHSのアドレス帳は、.vcfではなく.kbfという特殊なフォーマットのバイナリファイルでバックアップされる。したがってバックアップをそのまま使うわけにいかず、.vcfファイルを得るために次のような特殊な操作が必要。

  1. 「H”問屋」でPHSの電話帳をCSVファイルに保存
  2. 「アドレスさん for iPhone」でVCFファイルに変換。
  3. VCFファイルを添付してiPodにメール送信。
  4. iPodで添付ファイルから連絡先に登録。

京セラPHSからアドレス帳を取り出すアプリケーションには、「携帯万能」という市販ソフトもある。PHSの取扱説明書に携帯万能Liteのシリアル番号が同梱されているというのだけど、自分の手元には残っていない。WILLCOMのサポート窓口に問い合わせてみたところ、「そんなものは添付していない」と一蹴された。うーん。

H”問屋で電話帳をCSVファイルに保存

  1. 京セラPHSサポートページより、対応する機種のUSBドライバをダウンロードしてインストール。
  2. コントロールパネルの「電話とモデム」の「モデム」タブを開き、接続先のCOMポートの番号を控える。
  3. WILLCOMのH”問屋のページからインストール用ファイルをダウンロードし、インストール。
  4. PHSをUSBでPCに接続し、接続モードに「モデム」を選択。
  5. H”問屋を起動し、設定画面に調べておいたCOMポートを指定して設定ボタンをクリック。
  6. H”問屋の起動画面から「電話帳」を開き、「受信」をクリック。
  7. メニューから「ファイル>CSVエクスポート」を選択し、CSVファイルに保存。

アドレスさん for iPhoneで電話帳をVCFファイルに変換

  1. Vectorから「アドレスさん for iPhone」をダウンロードし、インストールしたいフォルダに解凍。
  2. 「アドレスさん for iPhone」をインストールしたフォルダ内のvcf2.csv.exeを起動。
  3. 「読み込み」をクリックし、H”問屋でエクスポートしたCSVファイルを指定。
  4. 「項目割り当て」をクリックし、出力フィールドに割り当てたいフィールドを選択。
  5. 「書き出し時に1行目を除外する」にチェック。
  6. 「書き出し」をクリックし、作成するCVFファイル名を指定。

VCFファイルをiPodに転送

  1. iPodで受信できるメールアドレス宛てに、.vcfファイルを添付してメール送信。
  2. iPodでメール受信し、テンプされている.vcfファイルをタップしてダウンロードすると、連絡先に一括登録可能。

不足を手入力

と、ここまでやってきて、結局最後は手入力。携帯では姓と名が一緒のフィールドになっていたり、「アドレスさん for iPhone」では住所情報が転送できないなど不都合が多かったため、PCのWebブラウザからiCloudサイトにアクセスして直接編集。最初からこれが一番早かったかもしれない。