Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /usr/local/www/admnote/wp-includes/post-template.php on line 284

Boot CampでWindows 8を入れる

MacBook Pro (Mavericks) にBootCampでWindows 8をインストールしたメモ。

用意したもの

  • Windows 8のインストール媒体
    ※Boot Camp 5.0からWindows 8に対応したとのこと。
  • USBメモリ (8GB以上)

Windows ISOイメージの作成

  1. DVDドライブをつなぎ、Windows 8のインストール媒体をセットしておく。

  2. 「Launchpad」→「ディスクユーティリティ」を起動。

  3. 左側のペインでDVDドライブを選択し、メニューの「新規イメージ」をクリック。

    スクリーンショット 2013-11-05 7.36.34

インストール手順

  1. USBメモリを差しておく。USBメモリを差すUSBの差込み口は、必ず本体左側のものを使うこと。右側の差込み口を使うと、Boot CampアシスタントがUSBメモリを認識しない。

  2. 「Launchpad」→「その他」→「Boot Campアシスタント」を起動。

    スクリーンショット 2013-11-05 5.54.13

  3. USBメモリ上にインストール用のファイルをコピー。すでにUSBメモリ上に作成済みでもスキップ不可。WindowsのOSイメージの場所を指定すると、Boot CampアシスタントがISOイメージからファイルを展開してコピーする。

    スクリーンショット 2013-11-05 9.46.43

  4. パーティション分割のウィンドウが表示されたら、Windowsに割り当てるディスクの大きさを指定して先に進む。パーティションの大きさを変更するには、分割されたバーの中間部分をドラッグする。「均等に割り当てる」ボタンをクリックすればOS XとWindowsに同じ大きさのパーティションが割り当てられる。とりあえず最低容量で良いので、70GBを割り当てておいた。

    スクリーンショット 2013-11-05 9.57.13

  5. USBメモリに必要ファイルを転送したあと、自動的に再起動してWindowsのインストールが始まる。しかし、ここで再起動せずにグレーの画面のまま止まってしまうことがある。(実際になった。)その場合には、一度電源ボタンを長押しして強制終了し、Optionキーを押しながら電源を入れて、Windowsの入ったUSBメモリから起動するとWindowsのインストールが始まる。

  6. Windowsのインストール場所選択のウィンドウが出たら、BOOTCAMPのパーティションを選択する。「ドライブ0パーティション4にWindowsをインストールすることはできません」と表示される。「詳しい情報の表示」をクリックすると、「NTFSでフォーマットされたパーティションにWindowsをインストールする必要があります。」と説明が出る。

  7. 「ドライブオプション(詳細)」をクリックし、「フォーマット」をクリック。

  8. 画面の指示に従ってWindowsをインストール。途中でBoot Campのライブラリもインストールされる。