NetBeans PHP版のインストール

今頃やっと統合環境に手を出してみた。ので、そのインストールメモ。

EclipseにするかNetBeansにするか迷ったのだけど、PHP対応の面から判断すると、Eclipseではリファクタリングができないなど、NetBeansの方が圧倒的に機能豊富らしい。というわけで、NetBeans。

インストールしたもの

  • Java SE 8u5 64bit版
  • NetBeans 8.0
  • PHP 5.5.14 スレッドセーフ64bit版
  • Apache 2.4.9 64bit版
  • MySQL 5.6.9 64bit版
  • Xdebug 2.2.5 PHP5.5 VC11 64bit版

PHP、Apache、MySQLはXAMPPを入れるとまとめてインストールできるが、32bit版しかない上にPHPのバージョンアップへの追随がやや遅い。(現時点でPHP最新バージョン5.5.14に対してXAMPPは5.5.11とか。) PHPは自分の使いたいバージョンをインストールしておきたいので、XAMPPは使わずひとつずつインストールすることにした。

環境はWindows 7 Professional版SP1。

NetBeansインストール

  1. NetBeansダウンロードページからPHP対応のものをダウンロードしてインストールしようとしたら、64bit対応版をダウンロードすべしと警告された。

    netbeans-install0

    64bit版はOracleからダウンロードできるので、あらためてダウンロード。Javaのみダウンロードしてインストールすれば良い。64bit版Javaをインストールした後は、もとからインストールされていた32bit版Javaをアンインストールしておく。

    OracleからオールインワンタイプのNetBeansインストーラもダウンロード可。こちらからダウンロードすると、Java単体テスト環境のJUnitインストールも選択できる。が、自分はPHPだけ開発できれば良いので、最初にダウンロードしたものをそのまま利用。

  2. インストーラを起動。

    netbeans-install1

  3. ライセンス内容を確認して同意。ライセンスはGPL2。

    netbeans-install2

  4. インストールフォルダを選択。特にこだわりもないので、そのままにした。

     netbeans-install3

  5. 自動更新確認にはチェックを入れたままにしておき、インストール開始。

     netbeans-install4

  6. しばし待つ。

    netbeans-install5

  7. インストール完了。

    netbeans-install6

PHPインストール

  1. PHP Windowsのダウンロードページより、スレッドセーフな64bit版を選択してダウンロード。(「x64 Thread Safe」と書かれたところからダウンロード。)

  2. インストールフォルダを作成し(C:\PHPとか)、その下にダウンロードしたZIPファイルの中身を展開する。

  3. コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>システムの詳細設定>環境変数からシステム環境変数の「Path」にPHPをインストールしたフォルダへのパスを追加しておく。

Apacheインストール

  1. Apache LoungeのダウンロードページからApache Win64をダウンロード。

  2. インストールフォルダを作成し(C:\Apacheとか)その下にダウンロードしたZIPファイルの中のApache24の下にあるファイルをすべて展開する。

  3. 環境変数の「Path」にApacheをインストールしたフォルダの下のbinへのパスを追加。

  4. conf\httpd.conf次のように編集。ServerRoot、DocumentRoot、htdocのDirectory、cgi-binのDirectoryのパスをそれぞれ変更。

    強調表示してあるのが変更点。

    • ServerRootのパス変更
    • LoadModuleでphp5apach32.dllを追加
    • ServerAdminの連絡先アドレス変更
    • ServerName設定
    • DocumentRootのパス変更
    • Directoryのhtdoc定義のパス変更
    • DirectoryIndexにindex.php追加
    • ScriptAliasのパス変更
    • Directoryのcgi-bin定義のパス変更
    • AddHandlerにPHP用定義追加
  5. コマンドプロンプトからhttpdを起動してエラーが出ないことを確認。

  6. http://localhost/ にアクセスして、ページが表示されることを確認。

  7. Apacheをサービスとしてインストールして起動。

参考ページ

MySQLインストール

インストーラからインストールすると、不要なものがたくさん入る上にさっくりとは動かなかった。NetBeans用にとりあえずサーバが動いていれば良いだけだし、ZIPファイルから入れることに。

大筋の手順は小粋空間のを参考にした。

  1. MySQLダウンロードページより、Windows 64bit版ZIP Archiveをダウンロードする。※Oracleにアカウントを作成する必要あり。

  2. 解凍するとmysql-5.6.19-win64というフォルダが作成されるので、mysqlに変更する(将来アップグレード時にパス変更するのが面倒でなければ、そのままでも良い)。

  3. MySQLをインストールしたフォルダの下(my-default.iniの置かれている場所)にmy.iniを作成し、次の内容を書き込む。

  4. システム環境変数にMySQLをインストールしたフォルダの下のbinへのパスを追加する。(ex. C:\Program Files\mysql\bin)

  5. コマンドプロンプトからサーバが起動できるか確認する。

  6. 正常に起動できたらCtrl-Cでプロセス中断してから、サービスとして登録して起動する。MySQLというサービス名で登録される。

  7. mysqlコマンドを使ってrootのパスワードを設定しておく。

  8. デフォルトで入っている「名無しさん」(匿名ユーザ)を削除。

    大した権限は持っていないようだけど、セキュリティを考えると削除しておく方が良さそうなので。

参考ページ

Xdebugインストール

  1. XdebugダウンロードページよりPHP5.5 VC11 TS (64bit)バージョンをダウンロードし、PHPをインストールしたフォルダに移動。

  2. php.iniを編集し、PHPディレクティブに次の行を追加。

  3. phpinfo() を表示させて、次のようにxdebugが表示されれば設定完了。

    phpinfo-xdebug-installed

この確認作業でちょっとハマった。コマンドラインからphp -iで確認するとxdebugがちゃんと組み込まれているのに、Web上のphpinfo()の表示で見るとphp.iniの変更が反映されない。

原因は、Apacheに組み込んだPHPハンドラとコマンドラインのPHPが参照しようとしているphp.iniが別のパスだったため。phpinfo()でphp.iniの参照パスを確認すると、次のように表示されていた。

phpinfo-php-ini-location

httpd.confにPHPIniDirの記述を追加してからApacheを再起動したら、ちゃんとWeb表示の方も変更が反映された。

以上で、NetBeansを使うための準備はひととおり完了。のハズ。