Cyrus-IMAPd 3.0へアップグレード

Cyrus-IMAPd 2.5から3.0へのアップグレードメモ。

環境

  • FreeBSD 11.2
  • Postfix 3.4
  • レプリケーション機能を使ってメールバックアップ

手順

postmasterでアップグレードインストール

コンフィグファイル修正

cyrus.conf

/usr/local/etc/cyrus.conf をエディタで開き、パスが変更になっているものを修正する。

  • (旧) /usr/local/cyrus/bin/sync_server
    (新) /usr/local/cyrus/libexec/sync_server

imapd.conf

/usr/local/etc/imapd.conf をエディタで開き、変数名が変更されているものを修正する。

autocreateinboxfoldersautocreate_inbox_folders
autocreatequotaautocreate_quota
autocreatequotamsgautocreate_quota_messages
autosievefoldersautocreate_sieve_folders
generate_compiled_sieve_scriptautocreate_sieve_script_compile
autocreate_sieve_compiled_scriptautocreate_sieve_script_compiled
autosubscribeinboxfoldersautocreate_subscribe_sharedfolders
autosubscribesharedfoldersautocreate_subscribe_sharedfolders_all
createonpostautocreate_post
ldap_sasl_authcldap_id
ldap_sasl_authzldap_authz
ldap_sasl_mechldap_mech
ldap_sasl_passwordldap_password
ldap_sasl_realmldap_realm
ldap_serversldap_uri
ldap_tls_cacert_dirldap_ca_dir
ldap_tls_cacert_fileldap_ca_file
ldap_tls_certldap_client_cert
ldap_tls_keyldap_client_key
ldap_tls_check_peerldap_verify_peer
ldap_tls_ciphersldap_ciphers
tls_ca_filetls_client_ca_file
tls_ca_pathtls_client_ca_dir
tls_ca_pathtls_client_ca_dir
tlscache_dbtls_sessions_db
tlscache_db_pathtls_sessions_db_path
tls_cert_filetls_server_cert
tls_cipher_listtls_ciphers
tls_key_filetls_server_key

コンフィグの整合性チェック

実行時エラーのチェック

データベースとキャッシュの再構築

上記はマスターサーバ側でのみ実行すれば良い。スレーブ側で実行するとエラーになる。

サービスを起動

サービス起動に失敗した場合には、面倒なのでシステムごと再起動。